セールス=教育なのか?

2019年7月21日

セラピスト・ヒーラー・カウンセラーの
スピリチュアル起業家へ

集客、売上アップの支援をしている
阿部考史です。

今回は「セールス」についてお伝えしていきます。

「セールス」と聞くと
苦手意識が強い人が多いかもしれません。

なぜ苦手意識が強いのでしょうか?

それは、自分が否定されるのが
怖いからだと僕は考えています。
何か提案をして嫌な目で見られたり、
断られるのが怖いんですね。

僕もその気持ちは痛いほど分かります。
他人の目を気にして生きてきましたし、
売り込まれるのが好きではなかったからです。

心理学では「投影」と言いますが、
自分が思っていることは他人も
そう思っているだろうと考えることです。

例えば、自分が売り込まれるのが嫌いなら
他人も売り込まれるのが嫌いに違いないと
考えることを言います。

これは、自己肯定感にも繋がってきます。
日本人は自己肯定感が低いとも言われていますよね。

だから、メンタルを改善し続けること
大切なことだと感じています。

 

生まれた時から売り込んでいる

人間は生まれた時から、
自分を売り込んでいますよね?

どういうことかというと、
赤ちゃんの時から母親に

「お腹減った」
「オムツが冷たい」
「眠らせて!」

と訴えていますよね^^

ですので、赤ちゃんは
生まれた時から自分を売り込んでいます

それは、そうしないと
生きていけないからですね。

また、友達とご飯を食べに
いく事を想像してみてください。

友達は肉が食べたいと言っているけれど、
自分はお寿司が食べたい場合とか。
こういうことって結構あると思うんですね(笑)

そこで、お寿司が食べたい理由を
伝えますよね。
でも、お寿司の魅力を最大に伝えないと
食べられないわけです。

ですので、友達に対しても
お寿司を売り込んでいるわけです。
訴求と言ってもいいかもしれません。

何が言いたいかと言うと、
人は対人関係において、
売込みをしているというわけです^^

僕が考えるには、営業マンが
良いものを世の中に売り出さないと、
経済は回らないと思うんです。

だから、営業はこの世で重要な
仕事の1つだと考えています^^

 

営業=教育?

最近思うことがあります。
それは、営業はお客さんを
教育することに似ています。

例えば、ケータイショップ。
自分で調べてみても分からないことって
結構あると思うんです。

僕が最近ケータイショップに行って
教育されたと感じたこと。

セールスの上手い店員さんの対応は、
とても良いセールスの勉強になります。

・電池のもちは約2年ですよ
買い替えましょう?!
電池が劣化してくるといつ電源が
落ちるか分かりませんよ。

この言葉はいいですよね!
それを聞いて、

「あ、寿命は短いのね
確かに早めの方がデータも安全か」

と考えるわけですね。

僕は教育されたのと同時に、
痛みを与えられたわけです。
だから、早く機種変更をしたくなっちゃう。

そして、導き出されたこと。
セールスは教育
お客様を教育していって、
商品・サービスを購入していただく。

これが営業の仕事なのかなーと思いました^^

ただ、相手の立場になって考えること。
目の前の人の問題を解決するにはどうしたらいいか?

考えていく事も大切なことだと思っています。

今回はセールスについてお伝えしました。
僕も営業を経験しているので
コピーにも活かしていきたいと思います。

いつもありがとうございます。


セールス不要。

お客様から「欲しい」とお願いされる
ビジネスモデルを構築しませんか?





もう、来月の売上を気にすることなく、

安定的に月5~20万円の収入を目指せるビジネスモデルを構築しませんか?



今回、安定的に売上を上げていくためのリストマーケティングのファイルを特別に用意しました。
(約5万円相当)



   
今すぐ登録してプレゼントを受け取って下さい。

   

  
今すぐリストマーケティングで安定収入を得る講座を受ける

 




The following two tabs change content below.

阿部考史

スピリチュアルマーケッター。 スピリチュアル起業家へ集客・売上アップの支援をしている。 セールスコピーライティングを軸に、 マーケティング、心理学、マインドセットを学ぶ。

最新記事 by 阿部考史 (全て見る)

sale

Posted by 阿部考史