セールスコピーライター100年の歴史・・。

セールスコピーライターの歴史とは


セールスコピーライターの阿部です。

セールスコピーライターって
どういう意味なんだろう?と疑問に
思ったことってありませんか?

直訳すると、
セールス = 売る
コピー = 写す
ライティング = 書く

となりますが、コピーの意味を
「文章」とします。

つまり、広告や宣伝のときに反応率を上げるための文章を書く技術です。

簡単に言うと、

「人を文章だけで行動させることが出来るスキル」となります。


では、セールスコピーライターが生まれたきっかけを見ていきましょう。

セールスコピーライターが生まれたきっかけとは?

1904年の5月、アメリカで起きた出来事がきっかけと言われています。
当時アメリカで最大の広告代理店オーナーのアルバトラスカーさんがいました。

ラスカーさんはなぜ自分の広告が売れるのか?反応が得られるのか?
また広告とは何なのか?常に考えていたそうです。
確信的な理由が分からなかったのです。

この話は広告業界では有名だったので、
たくさんの人が、この疑問に答えるべく
ラスカーさんのオフィスに訪ねていました。

しかし、オスカーさんはどれもピンと来ない回答に、
また考え続ける日々を過ごしていました。

ところが、ある日のことです。
秘書が一通の手紙を持ってきました。
その手紙を開けて中を見てみるとそこには

「俺は下の階にいる。お前に広告とは何かを、それを教えてやる。
お前が知らないことを俺は知っている。それを教えてやる。
お前は知りたいだろ?もしそうなら、イエスと言え」

ジョンケーケネディという者からで
挑発的な手紙でした。

そして、ラスカーさんは
広告とは何かを求めていたので、
すぐにケネディにイエスと返事をして
オフィスに招き入れたのです。

当時のラスカーさんは広告を「ニュース」として考えていました。

ケネディは、広告とはセールスマンインプリントと答えました。
印刷されたセールスマンということです。

広告とは、セールスマンのセールストークを印刷したもの。

その答えに、ラスカーはしっくりときたのでした。

これがきっかけでセールスコピーライティングをいう歴史がスタートしたのです。

営業マンでもある

セールスコピーライティングは営業マンでもあります。

セールストークを文字で起こしただけであり、
媒体が文章であるだけなのです。

媒体としては、チラシ、DM、折り込みチラシ、バナー画像、
セミナー案内、HP、メニュー表、本の表紙など様々です。

基本的には、
ビジネスの売上、、集客アップに活用されることが多いですね。

今回は歴史についてお伝えしましたが、
いかがだったでしょうか?
セールスコピーライターをやるからには、
歴史も知っておくといいですね。


セールス不要。

お客様から「欲しい」とお願いされる
ビジネスモデルを構築しませんか?





もう、来月の売上を気にすることなく、

安定的に月5~20万円の収入を目指せるビジネスモデルを構築しませんか?



今回、安定的に売上を上げていくためのリストマーケティングのファイルを特別に用意しました。
(約5万円相当)



   
今すぐ登録してプレゼントを受け取って下さい。

   

  
今すぐリストマーケティングで安定収入を得る講座を受ける

 




The following two tabs change content below.

阿部考史

スピリチュアルマーケッター。 スピリチュアル起業家へ集客・売上アップの支援をしている。 セールスコピーライティングを軸に、 マーケティング、心理学、マインドセットを学ぶ。

最新記事 by 阿部考史 (全て見る)