考えておきます、と言われたときは……

営業をやっていたときのお話し。
 
よく商品の提案をしたときに
お客様からこんな声を聴く時があります。
 
 
「考えておきます」
「検討しておきますね」
「家族と相談しておきます」
 
 
はい、これは基本的に嘘ですね(笑)
当たり障りなく断っているだけです。
 
 
商品やサービスの話を聴いて、
単純に
お金を失う恐怖>商品を買うメリット
 
 
メリットの方が弱かっただけなんですね~。
また損をすることへの恐怖を
乗り換えられていない、ということです。
 
 
つまり、僕が商品の良さを
全て伝えられていなかった、ということ。
 
 
では、どうすればいいのでしょう。
 
 
究極のメリットを伝えましょう!
 
相手が望んでいることは何でしょう?
 
 
例えば、経営者の方が望んでいることは?
 
・売上アップ、商品やサービスについて
・経費削減、コスト削減、人件費削減
 
 
などと考えているかもしれません。
 
  
ここで
「フロイト的失言」
というものを紹介します。
 
 
喋りやすい空間を作り、
的確な質問をして、耳を傾ける。
 
頷いたり、身を乗り出したり、
笑ったり、聞き役に徹するのです。
 
 
自由に喋ることを許可された人は
うっかりと本音が漏れてしまうのです。
 
 
これが
「フロイト的失言」です。
 
 
ぜひ、あなたも喋りやすい空間を
作って聞き役に徹してみて下さい。

メールマガジン配信中です。 今なら無料特典プレゼント中!
自然体で集客・売上アップができるメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
The following two tabs change content below.

阿部考史

スピリチュアルマーケッター。 スピリチュアル起業家へ集客・売上アップの支援をしている。 セールスコピーライティングを軸に、 マーケティング、心理学、マインドセットを学ぶ。

最新記事 by 阿部考史 (全て見る)

blog

Posted by 阿部考史