売れる商品・サービスに存在する三つの理由とは・・

人がなぜ物を買うのかを考えることは
とても大切なことですよね。

しかし、人がなぜ買わない決断をしたのかを
考えることがもっと大切です。

なぜなら、

セールスコピーライターは買わない決断を
している人に対して、購入という
真逆の決断をしてもらわなければならないからです。

人が決断を下す三つの理由をお伝えしていきます。

人が決断を下す三つの理由

あなたは過去に商品・サービスの購入を
見送ったものは何かありますか?
たくさんありますよね!

なぜ人は商品を買うこともあれば、
買わないこともあるのでしょう?

それは、人は
十分な理由がそろってから買っているんです。

たとえば、
・自分にとってかなり欲しいもの
・買うお金を今もっている
・それが必要で仕方ない

という具合に、人には買う理由があるのです。

ということは、
見込み客に対して伝えなければいけないことは
何だと思いますか?

それは、
①なぜ、私が買わないといけないのか?
②なぜ、あなたから買わないといけないのか?
③なぜ、今じゃないといけないのか?

という三つの理由の答えを用意してあげることですね。

最終的な着地点としては、
いま、買わないと損
というところです。

①なぜ、私が買わないといけないのか?

あなたは売り込みをされたときにどう感じますか?

「いやだなー」
「断るの苦手だしめんどうだな」

と感じる人が多いかもしれませんね。

そう、基本的には
人は売り込みをされるのが嫌いなのです。

あなたはポストに入ってくるチラシを見て
どうおもいますか?

「またゴミがきてる」

と思って捨てていませんか?

また、町中は広告であふれかえっています。
看板や電車のつり革広告、ネット広告などです。
これらの広告は誰に向けられたものでしょう。

人は自分に向けられているメッセージなのか
分からないのです。

「あなたに向けたメッセージですよ」

と誰に向けた発信なのかを、
しっかりと伝えてあげることが重要です。

②なぜ、あなたから買わないといけないのか?

あなたには、いきつけの美容院があるのではないでしょうか?

なぜ、あなたはそこに通うのでしょうか?

・カットが上手だから
・話しやすい店員さん
・料金が安い
・家から近い
・そこにしかないサービス
・豊富な商品

などなど、まだ多くの理由がありそうです。

そこのお店でしか提供できないことがあって、
それが自分にとって重要なことなら
いきつけのお店になるでしょう。

なぜ、そこに行くのか理由が
はっきりとしていますよね。
あとは、理由の説明をしっかりとしてあげるのです。

③なぜ、今じゃないといけないのか?

基本的に、セールスは一度しかチャンスがないと思ってください。

「またきます」
「お金が入ったら来ます」
「次でもいいですか?」

という言葉がありますよね。
二度目、三度目は基本的に無いと思いましょう。

私が経験したセールスの仕事では、
上記のような言葉をするお客さんが多くいました。
その多くの人は、家に帰ったらほぼ忘れてしまいます。
また、めんどうでもうきません。

いますぐ買わなければ、損です

くらいの気持ちで売らなければ、売れません。
その場で決めることが出来なければ失敗なのです。

また、自分が良い商品を売らなければ、
お客さんは悪い商品を売られてしまう可能性があります。
そういうマインドで売って、お客様へ
明るい未来を見せてあげましょう。

まとめ

今回は商品・サービスが売れるための
三つの理由についてお伝えしてきました。

また、人が商品を買うには、理由があるということ。
買う理由をこちらでそろえてあげることも重要でした。

買わないと逆にそんですよと思わせるくらいでないと、
お客さんは納得しないでしょう。
お客さんに良い商品を届けていきたいものですね。

ありがとうございました。


セールス不要。

お客様から「欲しい」とお願いされる
ビジネスモデルを構築しませんか?





もう、来月の売上を気にすることなく、

安定的に月5~20万円の収入を目指せるビジネスモデルを構築しませんか?



今回、安定的に売上を上げていくためのリストマーケティングのファイルを特別に用意しました。
(約5万円相当)



   
今すぐ登録してプレゼントを受け取って下さい。

   

  
今すぐリストマーケティングで安定収入を得る講座を受ける

 




The following two tabs change content below.

阿部考史

スピリチュアルマーケッター。 スピリチュアル起業家へ集客・売上アップの支援をしている。 セールスコピーライティングを軸に、 マーケティング、心理学、マインドセットを学ぶ。

最新記事 by 阿部考史 (全て見る)